スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇場版 Fate/stay night UNLIMITED BLADE WORKS」 ~いつも守られているのです~

2010年09月30日 04:02

ついに発売です。
2010092901
「劇場版 Fate/stay night UNLIMITED BLADE WORKS」 (初回限定版) [Blu-ray]
音声は日本語5.1chのみ。
特典映像は、映画の特報やトレイラー、DVDのCMなど。
出演者がらみの映像特典で購入させようという気なんてさらさらないのが、スゴイ。

初回特典の中では原画集がよかったですね。
この線の一本一本が 作品の出発地点なんだと再認識。

Blu-rayを観ましたが、文字の美しさが圧倒的でした。
文字だけであらわされる「体は剣で出来ている~」から始まる有名なフレーズを見ただけで、
かなり グッときました。もちろん、ヒロインたちの表情も美しかった。場面の空気感が違いました。

そして 音楽やSE、役者の台詞の充実ぶりが半端無いです、最高です。
このスピーディーな流れの中で 叫んだり呻いたりしながらも言葉はちゃんと伝わる、 
みなさんさすがだな、といまさらですが思いました。

血が流れ 苦しみや憎しみに顔がゆがむ。気持ち悪いだけの得体の知れない聖杯。
そんな場面が苦手でこの作品を見ていないのなら、
画面を細かく見なくても 大丈夫。 話の流れはわかるので、
ふとしたことで笑ったり 憎しみや悲しみに叫んだり 
苦しみ喘ぎながらも戦い続け 最後には静かに優しく語る 士郎の言葉全てを堪能する。 
ファンとしてはそんな楽しみ方もありな作品ですね。創った方たちには失礼ですが。

それにしても、俺が守る!みたいなことを言いつつ 士郎って守られてばかりですね。
師匠・凛にも 相棒・セイバーにも 通りすがりの?アーチャーにも。
杉山さんの演じるキャラクターの属性なのでしょうか?「守られるヒーロー」

初回特典にはきれいな台紙に貼られた生フィルム2枚。
私は、アサシン。
2枚とも アサシンだったんですけど、どうすれば…。
劇場でもらった5枚連続のものがアインツベルン城の士郎だったので、贅沢は言えませんね。 
スポンサーサイト

ずっと聴いていたい~Fate/stay tune Vol.2~

2010年07月14日 03:56

ジャケットを見て、ちょっと手が止まった。
これ、私が買って帰ってもいいの?
でも、買ってきた。杉山さんの登場回は第17回、36分間。笑い声がいっぱい。
ラジオCD「Fate/stay tune UNLIMITED RADIO WORKS」 Vol.2ラジオCD「Fate/stay tune UNLIMITED RADIO WORKS」 Vol.2
(2010/05/26)
ラジオ・サントラ

商品詳細を見る

バレンタインが近かった配信日。
手作りチョコはホントに作る価値あるのか?
生チョコとか普通に安く売ってるし、売ってるチョコの方がおいしかったりするよね、などなど、
笑いを交えつつ、どちらかと言うと話は手づくり否定のビターな流れに。
しかし、最後に杉山さんが言った「まあ、お店のレベル(が)、高いですからね。」のひとことで、なんとなく話が中和された。優しい気配りをサラッと言葉にできる大人。素敵だ。
安元洋貴さんが、よく、“杉山さんが自分の子どもだったら、親はしあわせだろうな”と思う、みたいな発言をする。
その気持ちがよくわかる。

普通に話す声をずっと聴いていたくなる。
杉山さんの明るい笑い声が、やっぱり好きだ。

劇場版「Fate/stay night~UBW」 DVD発売決定

2010年06月22日 03:06

劇場版「Fate~」の公式サイトに、
DVDとBlu-rayの発売日と初回限定版の詳細が。
どちらも音声特典はないようだ。

Blu-rayには、通常版の他に、劇場上映生フィルム・画集・他の特典満載の初回限定版がある。
DVDは、通常版のみ、らしい。
どれも、9月30日発売。

杉山さん参加のオーディオコメンタリーを期待していたけれど、
やっぱり、無理か。残念。
DVDの通常版を記念に買おうかな。

“ロッポンギ・アニメ・ナイト” 「Fate/stay night~UBW」上映決定

2010年05月12日 03:12

5月21日 TOHOシネマズ六本木ヒルズにて、「Fate/stay night~UBW」上映決定。

「ロッポンギ・アニメ・ナイト」の詳細は、こちら

24:40上映開始予定って、けっこう、深い時間なんですが、ほんとなのかな?

どちらかというと、14日の浪川大輔さん監督作品上映がイベントっぽい感じですが。

大きなスクリーンでもう一度、という方は、是非。

「劇場版Fate/stay night UBW」オリジナルサウンドトラックCD

2010年04月28日 02:11

ジャケットが愛らしい、劇場版「Fate」のサントラ。
劇場版 Fate/stay night UNLIMITED BLADE WORKS オリジナルサウンドトラック劇場版 Fate/stay night UNLIMITED BLADE WORKS オリジナルサウンドトラック
(2010/04/28)
サントラ

商品詳細を見る


この映画にかかわっている人は、皆、「Fate」の世界が大好き。
ライナーノーツに載っている作曲者・川井憲次さんの文章も、作品への愛でいっぱい。
作品を知っていないと書けない、楽しいお話。
この反対側のセイバーのイラストも、かわいい。


曲については、もう、説明は要りませんね。
今夜は10曲目の「帰るべき場所」が心にしみます。
「eternity-last episode-」も、泣けます。

ありがとうアーチャー~「Fate/stay tune URW」最終回~

2010年04月16日 22:21

拍手、ありがとうございます。

Webラジオ「Fate/stay tune URW」最終回です。視聴は、5月21日まで。
映画のほうは、まだまだ公開中ですが、こちらは一足早く放送終了です。
いつもと違って、ふつおた多め、諏訪部さんも植田さんも少ししんみり…、
「都はるみさんが、ですね、一回目引退した時ぐらいの惜しまれぶりだと思います…」って、
わかりにくいよ、諏訪部さん!

5月26日発売のラジオCD「Fate/stay tune UNLIMITED RADIO WORKS」 Vol.2は、2枚組。新録が1枚、Web配信音源が1枚。
Web配信音源には、杉山紀彰さん登場回も収録されています。
年上の諏訪部さんに対して丁寧に話しかけつつ、ころころとよく笑う(そして、キャバクラ話に大笑いの)杉山さんが、もう一度聴けますね。

ウソじゃないですよ 4年前の「Fate」

2010年04月01日 12:14

拍手、ありがとうございます。
地方での劇場版「Fate/stay night~UBW」上映が始まる中、
舞台挨拶が行われた川崎チネチッタでの上映が終わるようです。

昨日、古書店で見つけました。
1
「月刊コンプティーク」の2006年2月号の増刊号のようです。
表紙には、「スクープ!PS2化決定」の文字が…。
盛り上がっていたんですね、知らなかったです。
杉山紀彰さんのインタビューも、もちろん載っていて、
「戦いのシーン」でも「熱血漢になり過ぎないように気をつけ」たこととか、
収録のためのコンディション作りのために気を使っている話とか、そして、
2(←けっこう大きくなります)
こんな一言も。

映画になってよかったです。


オリジナルフィルムプレゼントキャンペーンに、釣られてきた。

2010年03月08日 23:41

こんばんは、拍手・コメントありがとうございます。
遅すぎるので言い出しにくいのですが、このブログのカウンターが2万を超えました。
うれしいです。ありがとうございます。
読みに来て下さる方に、クスッと笑ってもらえる範囲内で、
あやしい言動のご報告を続けて行けたらいいな、と思っています。

そんな前置きをしつつ、また、劇場版「Fate」を観に行ってきました。
2010030801
3月6日から配られらているオリジナルフィルム。ものすごく、寄って撮ってみた。
士郎が、いました。後ろ姿は、多分、凛ですね。良かった。
背景だけだったら、ちょっとショックだったかも。


この劇場版「Fate」も、もう終わるようですね。
話題の「ヘタリア」劇場版に気を取られているうちに、「NARUTO-ナルト-疾風伝 師の予言と復讐の章3」 [DVD]を買うの忘れていました。
いろいろ目移りしているうちに、まわりはどんどん変わって行くのですね。

オリジナルフィルム・プレゼントキャンペーン~劇場版「Fate/stay night」

2010年03月03日 12:15

拍手・コメント、ありがとうございます。

劇場版「Fate/stay night」
大ヒット御礼!オリジナル・フィルムプレゼントキャンペーン
3月6日から、上映館にて「オリジナルフィルム」をプレゼントするそうです。
詳細はこちらから。

実は、先日、観てきたばかりなんです。
愛媛のシネマサンシャイン・エミフルMASAKI。
入口付近は、こんな感じ。
どメジャーな映画に挟まれた「Fate」…。

2010030301

フィルム、何枚あるのでしょうね。
ほんとうに、地方でも、配布するのでしょうか?

ちなみに、上記の映画館での上映は“3月中旬まで”と書いてありました。
愛媛近隣にお住まいの方々、お急ぎくださいませ。


瀬戸内の「聖杯戦争」は、今日から始まるのです。~色々、ごちゃまぜなおはなし~

2010年02月27日 07:50

劇場版「Fate/stay night~UBW」が、
今日から、愛媛にあるシネマサンシャインエミフルMASAKIで、上映開始です!
この映画館は今日がオープンの日。こけらおとし、というやつです!
初上映の作品の中に「Fate」が並んでいるなんて、なんだか、うれしい。
うちからはかなり遠いので今日はいけませんが、音響もよさそうですので、絶対出掛けていきたいです。

今朝、気づいたのですが、アニメイトTVでアニメ「ヘタリア」の「ちびたりあ 特別編集編」を3月1日16:00まで配信中です。
まとめてみると、かわいさよりも切なさが増す「ちびたりあ編」。
ちびたりあのお話のほうが、より史実に近い印象ですね。
相変わらず、ふわふわしていて、かわいいですが。

それと、やっと手に入れたゲーム情報冊子「Side-BN」3月号ですが、サイン色紙プレゼントにこだわらないのなら、こちらでも読めるのですね、知らなかった…。バックナンバーも読めるようですので、次の号が出ても大丈夫。
しばらくは、趣味について楽しげに語る杉山さんのインタビューが読めますね。

展開が微妙なことで今話題のゲーム「ラストエスコート・クラブカッツェ」のコミックがコミックビーズログ・エアレイドで掲載開始です。
ヨハンはとうぶん出ないし、出ても空気か真空か?っていうくらい話にからまない気がしますが、
ゲーム内では矛盾だらけの各キャラクターが、どんなふうに描かれるのか、ちょっと興味あります。閲覧は無料です。

そして、こちらの新着情報によると、杉山紀彰さんがATーXチャンネルの3月の番宣部長を担当するようです。
ATーXか……、このチャンネル高いんですよね、それに最近ちょっとだけアダルト化の傾向があって加入してないのですが、杉山さんが出るとなると話は別。でも、今はいると2月分の料金をまるまるとられてしまうし、3月1日に入るしかないのかな。迷うところですね。

今日も雨模様です。
なんだか調子出ませんが、がんばりましょう。
行ってきます!!(←完全にカラ元気)

劇場版「Fate/stay night UBW」上映館拡大!

2010年02月20日 01:57

劇場版「Fate」の上映館が、また増えた。
秋田・福井・愛媛・徳島。
浮いた電車代で、何回も見られる。
公式サイトで、ご確認を。

劇場版「Fate/stay night」公式ガイドブック

2010年02月17日 00:18

待った、ほんとうに。映画の記憶が薄れないうちに届いてよかった。

劇場版Fate/stay night UNLIMITED BLADE WORKS 公式ガイドブック劇場版Fate/stay night UNLIMITED BLADE WORKS 公式ガイドブック
(2010/02/11)
角川書店

商品詳細を見る


ストーリーやゲームの世界観の話に、各キャラクターの紹介、映画のシーンの画とそれに合わせたスタッフからのコメント、役者さんたちのコメントやインタビューなどなど、内容充実の公式ガイドブックだ。
P.79の杉山紀彰さんの、ちょっとだけ笑顔の写真が見られただけでも、よかった。(しかも私の好きなアングルだ!この斜め上方向からの杉山さんがいいんですよ、優しい感じで…、あっ、すみません、ひとりではしゃいでしまって…。)
映画を観た記念になる一冊、一生ものの本だ、と思う。

士郎、曰く、「着物だと膝があがらないですもんね。」

2010年02月13日 01:34

拍手・コメント、ありがとうございます。

ちなみに、リンクに関しては、一応リンクフリーです。
リンク先を教えていただければ、お邪魔させていただくかもしれませんので、よろしくお願いします。
こんなところで言うことではないのですが、アナログ人間の私はPCに関してのスキルが低いので、相互リンクとか、色々分からないのが現状です。…すみません。

そんな奴(=私)が、ツイッターを始めました。
右のスペースのどこかに張り付けていると思いますので、のぞいて下さるとうれしいです。
twitterの詳細はこちらから、どうぞ。


ところで、「Fate」のWebラジオに、杉山さんが初参加。
ようやく、主役の登場です。
年上の方といっしょだと少しトーンが落ちる杉山さん。低めの声も素敵ですね。
タイトルは、初日の舞台挨拶の時の着物の話になったときの、杉山さんの一言です。
杉山さんの着物姿を想像し、微妙にときめいたバカな私でした。

劇場版「Fate /stay night UBW」感想 その2

2010年02月08日 04:57

たぶん、劇場版「Fate」の弱点は、ひとつだけ。

それは、この映画の制作に関わったすべての人々が、
原作ゲームの世界観を愛しすぎている点だと思う。

たとえば、すべてをアーチャーの視点で組みなおして、「正義の味方」であることの意味をつきつめてみるとか。
士郎と凛の交流に焦点を合わせて、ちょっと甘酸っぱい学園ものにするとか。
2時間弱の映画としてまとめる方法はあったと思うのに、それを選ばないスタッフ。
ゲームの世界をできるだけこわさないようにした結果、“部外者お断り”的な空気がただよう。

だから逆に、ゲームの世界に思い入れのある人なら、
この2時間ほどの映画の間に必ず、心を揺さぶるシーンに出会える。

[劇場版「Fate /stay night UBW」感想 その2]の続きを読む

劇場版「Fate/stay night UNLIMITED BLADE WORKS 」 感想

2010年02月07日 01:25

劇場版「Fate/stay night UBW」を観た。

複雑な物語を駆け足でたどる映画。
だから、映画を観る目的は、少ない方がいいようだ。
杉山紀彰さんのファンとして、彼が主演の映画を観たい。
というシンプルな目的があるのなら、前作のアニメも原作ゲームも知らなくても、充分魅力が伝わる。


叫ぶほどに、研ぎ澄まされていく咆哮、
長引く死闘に、荒くなる呼吸。
始まりは少しゆるく、物語の終盤に向かって低く絞り込まれていく、士郎の声。
物語をしめる、穏やかで優しい口調、息づかい。
そのすべてを堪能できる幸せな時間だった。

たぶん、おさえなければならないことはそんなに多くないと思う。
○魔術師たちが奪い合う“聖杯”は、どんな願いでもかなえてくれるものであると、信じられている。
○いっしょに戦うサーヴァントは、過去だけではなく未来からも召喚されることがある。
○士郎は、聖杯を利用したいのではなく、自分が聖杯を手に入れることによって聖杯戦争を終結させ、戦争のために無駄に失われていく命を助けたいと思っている。
等々。


流れるようなアクションシーンの連続に、頭をからっぽにして見とれているうちに、物語は、進む。


~今日、内容的に突っ込んだ感想を書いたのですが、
語りすぎ、長すぎ……。
ちゃんとまとめたのを明日更新する予定です。~

春は、すぐそこ。~ちょっとだけ「Fate」上映館、拡大!

2010年02月03日 05:27

おはようございます。
ちゃんと、家に帰ってきました。
コメント下さった皆様、ほんとうにありがとうございました。無事に、行ってまいりました。

あんなにぐずぐずしてたくせに、劇場版「Fate」を観られずに田舎に帰ってきてしまいました。
残念すぎる自分を悔いていたら、
映画の上映館が追加されていました。
公式HPによると、18館ほど順次公開されるようです。おもに東日本が多いのかな。中四国の映画館、がんばれ!と言いたいです。

今日は、節分ですね。
良い春が、来ますように…。

劇場版「Fate/stay night~UBW」舞台挨拶 終了

2010年01月24日 02:39

バオバブさんのスタッフブログ「デスクのつぶやき」に、舞台挨拶終了直後の杉山紀彰さんの姿が。

アーチャー役・諏訪部順一さんのブログにも三人の写真がアップされている。アーチャー&凛は着物姿!対する士郎は超カジュアル。これが落ち着く感じ。


せっかく登録した「バオバブチャンネル」なので、“ファンレター”のコンテンツを使ってみることに。
なぜか、メールアドレスを入力しなければいけないことに「?」 となりつつも、お祝いメッセージを書いて送信!
なんだか、簡単。
ファンレターは、内容がまとまらなくて時々しか出せないけど、これならアニメの感想とかを素早く送れそうだ。(杉山さんのところに素早く届くとは思えませんが…)
バオバブチャンネル、入ってよかったかも。

劇場版「Fate」キャストインタビュー公開

2010年01月23日 07:08

携帯のほうの公式サイトに(公式サイトのトップページにQRコードあり)キャストのインタビューが写真付きで公開されている。
杉山さん、やっぱり半袖だ。

色々な質問には女性陣から順に答えているのに、最後の項目「ファンの方々にメッセージを」は杉山さんが一番初めに答えていて、なんかやっぱり主役なんだなあ、って、うれしくなるファン心理。

ちなみに、サークルK・サンクスで購入したカレンダー&チケットのカレンダーは、1・2月に小さく士郎がいただけで、後はコケティッシュな女の子のイラストばかりだった。
そんな気はしてたんだけど、どうしようかな。
一応、飾るか。

劇場版は、劇場で。劇場版「Fate/stay night~UBW」

2010年01月16日 01:56

拍手をありがとうございます。
と言いながら、今、ここに来て下さっている杉山紀彰ファンのみなさま、
今すぐ、諏訪部順一さんの個人ブログに立ち寄られることをおススメします。
劇場版「Fate/stay night」の関係者向け試写会が、昨夜、行われたらしく、
その感動を諏訪部さんがブログの中で語ってらっしゃいます。
(門脇舞衣さんのブログにも、「Fate」の記事が。)
かなり、いい出来のようですね。
劇場版は、やはり劇場で観てこそ価値があるのかも知れません。

初日の舞台あいさつの詳細も公式HPにあがっています。
いよいよですね。

劇場版「Fate/stay night~UBW」 特報ムービー

2009年12月29日 07:31

TYPE-MOON(タイプムーン)エース Vol.4 2010年 01月号 [雑誌]TYPE-MOON(タイプムーン)エース Vol.4 2010年 01月号 [雑誌]
(2009/12/24)
不明

商品詳細を見る


表紙に、士郎(声:杉山紀彰)がいませんが、中にもほとんどいないのです。
対談は、アーチャー役・諏訪部順一さんと、遠坂凛役・植田佳奈さん、
インタビューは、セイバー役・川澄綾子さん、イリヤ役・門脇舞衣さんと藤村大河役・伊藤美紀さん、です。
付録のDVDの特報動画(今配信されているものと同じ動画)が見たくて買いました。
対談記事によれば、士郎はTVシリーズの時よりも強くてかっこいいそうです。ランサーも、よりかっこいいらしい。
特報動画を観たかんじだと、ギルガメッシュが、目に悲しげな表情がついてなかなかいいな、と思いました。

どうしよう…、映画、絶対に観たいよ。
でも、無理かな、という気分が半分。

あきらめるには、まだ、早いか…。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。