スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ハートの国のアリス~Wonderful Twin World~」公式ビジュアルファンブック 7月19日発売予定

2014年06月18日 08:40



「ハートの国のアリス ~Wonderful Twin World~ 公式ビジュアルファンブック」
7月19日発売予定。
詳細はこちら
もう出るんですね~。
新作ゲームをほぼ毎月発売しているクインロゼさんの
この攻めの姿勢がスバラシイ。

ロゼさん、キャラクターグッズもいろいろ出されてますが、
ほとんどが「クジ」なのがちょっと困るというかなんというか。
かわいいのになかなか手が出ませんね。
缶バッジの種類なんて 天文的数字ですし……。

肝心のゲーム「ツイアリ」のほうはもう少しでほぼコンプです。
私としては珍しい。
(ここからちょっとネタばれかも?)
どのルートも攻略対象以外のキャラクターがかなり出張ってくるので、
ボリスもいろいろ神出鬼没。全ルート、楽しいです。
「アリス」と呼んでくれるのも、いい。
ボリスだけが目当てでもエースとエリオットのルートは必ずやってみることをおススメします。
前者は、天然小悪魔ボリス?後者は、天真爛漫ボリス!が垣間見られますよ。

さて本体2900円とけっこうお高いファンブック。
でも たぶん 買ってしまうと思います。

スポンサーサイト

「ジョーカーの国のアリス ~Romantic Second Love~」読了 ~大人の純情~

2012年03月07日 12:24

人生のいろいろなことがらを経験してしまっていることを
“汚れる”という言葉で表すのならば、
ジョーカーの国の住人は全員、“汚れ”ているのです。
なのに皆どこか純情な一面を持っていて
そこにほだされる、好きになる。
今回はグレイとアリスのお話でした。
ジョーカーの国のアリス ~Romantic Second Love~ (講談社X文庫―ホワイトハート)ジョーカーの国のアリス ~Romantic Second Love~ (講談社X文庫―ホワイトハート)
(2012/03/02)
魚住 ユキコ

商品詳細を見る


ボリスは後半にちょこっとだけ登場。
グレイとその周辺のことが気になって落ち着かないアリスを
控えめに応援してくれていました、ボリス…。

話の中心はグレイですが、役得?なのはユリウスで、
ユリウスはアリスのハートこそ奪えないようですが、
読んでいるこちらはユリウスの事ばかりが何故か気になってしまって…。
しかし「ジョーカーの国のアリス」はゲームの世界観がハトアリに比べて少し複雑なので、
ゲームをやりきってない自分に細かいところはよくわかってないのかもしれないなあ、
と思いました。
先ずはクロアリ。そこからですね…。ゲーム、ちゃんとやらなきゃね。

一迅社「ハートの国のアリス~リドル・オブ・キャット~」 読了

2011年11月22日 03:37

ハートの国のアリス~リドル・オブ・キャット~ (一迅社文庫アイリス)ハートの国のアリス~リドル・オブ・キャット~ (一迅社文庫アイリス)
(2011/11/19)
白川 紗奈:作、QuinRose:原作 他

商品詳細を見る

ハートの国で帽子屋屋敷に滞在するアリスが
ボリスと仲良くなるお話なのですが…。
正直なところ面白い小説ではありませんでした。
アマチュアの作家の皆さんが書いた愛情いっぱいのSSを読み過ぎたかな…。

今回脇役に回った双子やブラッドのほうが
全体になんだか活き活きしていて
中心だったはずのボリスの話をあまり掘り下げられていないのかな?
という印象を持ちました。
(これについては 作者自身があとがきの中で
「ノリよく」書けたのは「ブラッドとのやりとり」で
実は「ゴーランドとのやりとり」をもっと書きたかったと書いていらっしゃるので
もうまんま、その通りの作品かと思います)

もう一個だけ気になることを続きから。
[一迅社「ハートの国のアリス~リドル・オブ・キャット~」 読了]の続きを読む

PSP「おもちゃ箱の国のアリス」バナーキャンペーン実施中です。

2011年11月18日 18:13

「おもちゃ箱の国のアリス」バナーキャンペーン実施中!

バナーをブログ等に貼って「おもちゃ箱の国のアリス」を応援しよう!ということで、
応援してくれた皆さんへのプレゼントはふたつ。
その1.システムボイス
CV混合。バナーキャンペーン用仕様。通常配布は無し。WIN用10種類予定
その2.お礼ボイス
「バナーキャンペーン参加ありがとう+α」などの簡単な掛け合いになる予定
ただし、
「キャラクター全員が入らない可能性があります。」
ということです。どうしようかな。
バナーはもう貼ってしまっているのですが、
トップページにリンクさせていないのでどうしようかな?
迷いますね。ボリスの声は聴きたいですが。




「ハートの国のアリス~リドル・オブ・キャット~」(一迅社文庫アイリス)

2011年11月14日 22:15

拍手をたくさんいただきました。ありがとうございます。
ハートの国のアリス~リドル・オブ・キャット~ハートの国のアリス~リドル・オブ・キャット~
(2011/11/19)
白川 紗奈:作、QuinRose:原作 他

商品詳細を見る

19日にボリスの小説が出ます。
(この表紙でこのタイトルで違う話だったら、困る)
久しぶりですね、登場キャラが多いからしかたないですが。

どちらかと言えば、
ハートの国のアリス ?The Wind of Midnight? (講談社X文庫 うA-02 ホワイトハート)ハートの国のアリス ?The Wind of Midnight? (講談社X文庫 うA-02 ホワイトハート)
(2008/07/02)
魚住 ユキコ

商品詳細を見る

魚住ユキコさんのこの作品が
ボリス好きにはたまらない甘いお話になっているのでおススメですね。
はたしてこれを超えられるかどうか、というところです。
(なんだか、購入する前なのにテンション低くてすみません)
本格的な冬の到来で寒さがきびしくなるこの時季には、
チェシャ猫さんのあのピンクのもふもふにあたためて欲しいな、なんて本気で思います。

変ですかね。
変ですね。

なにかと出費の多い夏…。

2011年08月25日 05:28

こんにちは。
拍手やコメントをいただきました。ありがとうございます。
「オトメイトパーティー2011」の公式ファンブックもDVDもとても楽しみですね。
でも、それが出る頃自分のお財布がどういう状態か不安です。

そんな中、今日発売予定。
ジョーカーの国のアリス~サーカスと嘘つきゲーム~ 1巻ジョーカーの国のアリス~サーカスと嘘つきゲーム~ 1巻
(2011/08/25)
藤丸豆ノ介、QuinRose 他

商品詳細を見る

劇場版の原画をまかされるだけあって
この作家の描くキャラクターはどれも美しいし、かっこいい。そしてギャグ絵がカワイイ。
特にユリウスがいいところをさらっていく展開のような気が…。(←立ち読みなのでうろ覚えです、ごめんなさい)

欲しいんだけど買えるかな、と言いつつたぶん購入してしまいそうです。

小説「ハートの国のアリス~Sunny Day Sunday~」 もう少し甘さがほしい…。

2011年07月08日 19:31

表紙にボリスがいるのでかなり期待して読みました。
ハートの国のアリス~Sunny Day Sunday~ (講談社X文庫―ホワイトハート)ハートの国のアリス~Sunny Day Sunday~ (講談社X文庫―ホワイトハート)
(2011/07/01)
魚住 ユキコ

商品詳細を見る

ボリス、ちょくちょく出てきました。
しかし話の中心はペーターとアリス。ボリスは気軽に話せる友達どまりでした。

ワンダーランドにアリスを連れてきた張本人ペーター・ホワイトは
アリスのことを「愛してる、愛してる」と言いながらも
アリスが誰と仲良くなろうと「あなたがこの世界に残ってくれて幸せならそれでいい」と本気で思う複雑なウサギさん。
そして、アリスはアリスでペーターといる限り「あなたしか見えない」風には絶対にならず、
ペーターの熱心さに負けてそばにいる道を選ぶ、そんな関係。
だから切ないですね。身を焦がすような恋情とか我を忘れるような劣情とか、そういうものが二人には無いので ペーターの話はいつもどこか悲しい感じがします。個人的にペーターは好きなのですが…。

キャラクター総出演で上手くまとめた入門編。
これと「ハートの国のアリス ~The Scent of Roses~」 (講談社X文庫―ホワイトハート)を読めば劇場版への準備万端です。
そして「ハートの国のアリス ?The Wind of Midnight?」 (講談社X文庫 うA-02 ホワイトハート)のボリスや「ハートの国のアリス ~Memories of the Clock~」 (講談社X文庫―ホワイトハート)のユリウスで甘さを補充すればこの夏は完璧?です。

この初々しさに泣ける。 「ジョーカーの国のアリス~Sugary Love Stories~」感想

2010年10月06日 13:53

杉山紀彰さんのコラム(携帯サイト“声優アニメイト”内)が更新されていた。
どんなことも素直に喜んだり驚いたり。
その年代の人に対する誉め言葉にはならないと知りつつ、
初々しいなあ…、と思う。
時間があったので なんとなくバックナンバーも拾い読み。
素直な驚きにあふれた初々しい語り口。優しい気持ちになる。

そしてこのゲームの国の架空の人物・アリス=リデルも、
ジョーカーの国では いつまでも初々しくてかわいい。
ジョーカーの国のアリス ~Sugary Love Stories~ (講談社X文庫―ホワイトハート)「ジョーカーの国のアリス ~Sugary Love Stories~ 」(講談社X文庫―ホワイトハート)
(2010/09/03)
魚住 ユキコ

商品詳細を見る

今作はオムニバス。
ブラッド編・ピアス編・ボリス&ディー&ダム編・ユリウス編の4つの物語。
(ただし、ボリスの話はページ数が他のキャラクターより多い。当社比 1.5倍。)

~ゲーム未プレイなのですがわかる範囲で、以下、感想です~






[この初々しさに泣ける。 「ジョーカーの国のアリス~Sugary Love Stories~」感想]の続きを読む

三回ほど呼びそうになりました。

2010年09月04日 06:12

おはようございます。
拍手やコメント、ありがとうございます。
「ハイガクラ 3」 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)の帯に、ドラマCD発売の情報がありました。誌上販売されるオリジナル書き下ろしシナリオのドラマなので、杉山紀彰さんが参加する可能性は低いですが、前作の世界が気になるかたなら要チェックですね。ドラマのタイトルは「ハイガクラ~吉里吉里舞~」です。

月刊コミック アヴァルス3周年記念フェア in animateが、9月15日から始まります。イラストシートには、エース・ボリス・アリス・ユリウスが描かれています。
連載中のコミックも次で最終回。ボリスエンドにはならない感じですが、アリスが幸せになれるように最後までちゃんと見守りたいです。
アリスシリーズの中心QuinRoseのHPでも「ハートの国のアリス」完結記念が組まれています。

さて、昨日、イギリスのこの歌がカラオケに入っているのを確認に。
2010090401 ありますね。
結局 熱唱するわけにもいかず、この曲が流れている間は みんなちょっと休憩 お食事タイムみたいな感じになっていました。一緒に行ってたうーちゃんが「薄桜鬼」の歌をさらりと歌い、「断罪のマリア」のOP曲を熱唱するのを聴き、なんだかゲームをやりたくなるね、秀麗水鏡に会いたいね、などという結論に。
PCゲーム「断罪のマリア」 、懐かしいです。
カラオケの“りれき”を覗いていたら「never end」(ルルーシュのキャラソン)を歌っている人がいて 懐かしかった。そう言えば、よく黒の騎士団の歌とか歌ってたなあ…。

急げ!6月のボリス~CD~が、おススメですよ! 一迅社QuinRoseコミックフェア

2010年07月27日 12:04

クローバーの国のアリス~チェシャ猫とワルツ 4 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)クローバーの国のアリス~チェシャ猫とワルツ 4 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)
(2010/07/24)
Quin Rose

商品詳細を見る
(通販のAmazonは、今回のフェアに参加していません)

ゲーム「ハートの国のアリス」で ボリスに出会ってしまってから、
心の中を吹き荒れる、様々な想像、空想。
こんな自分で大丈夫なのか?と思ってしまう妄想。

そんなこんなが、目の前に。
今回のコミックは、正しいです。これが、自分の考えていたボリスとの恋愛だと思うのです。
もう、4巻だけ買って、じっくり読んでもいいですよ、許されます。
それくらい、このボリスが素敵。特に、書き下ろし番外編。
もちろん声(脳内での)は、「ハートの国のアリス」の頃のボリス、
息の抜き方が確信犯的な感じで良かった杉山さんのあの声で。

しかし、世の中は甘くないです。
付属のドラマCDは、6月のCDのほうが楽しいのです。
今回のフリートークで、
進行役・杉田さんの段取りを無視し、ジョーカー役の石田さんを困らせて(怒らせて?)しまう杉山さんも、
人気投票でボリスが一位になったために微妙な立ち位置に苦しむ杉山さんも、
聴いてみる価値ありなのですが、
単純に楽しかったのは、6月のCDですね。
ボリスのキメ台詞も聴けますし。

どこか自信が無さそうで、でも他の役持ちにたいしては強気で、
甘くて危険な雰囲気をまとっていたあの頃のボリスが、聴きたい。
そして、コミック3冊同時購入という条件は、今回までにして欲しいなあと思いますね。

7月のフェアの詳細はこちらです。

コミック「チェシャ猫とワルツ 3」他、発売中・3冊同時購入で豪華ドラマCD付き

2010年06月27日 02:49

「つまり、宣伝だな」byエンディングトーク中のユリウス

もう、その一言につきる。
998円(内税)×3冊=2994円で、70分弱あるドラマCDを買った、と思うことにした。
ぼやけちゃったけど、一応、こんなムダ使い。
2010062601
一迅社・クインロゼ・コミックフェア201006

もし、ボリスが大好きなら、損は無い。
ドラマCD本編は、コメディー風のお話で、効果音大きめなドタバタ劇。
常に冷静沈着なユリウスでさえ喜怒哀楽がはっきりしていて、不思議な面白さ。
ボリスは、いつもより、猫猫しい感じ?(ユリウスに撫でられて、ふみゃってなります)
歯切れがよくて、明るくて、江戸っ子ボリス、という感じ?(当然ながら、勝手に命名)
今回のボリスは、ひたすらカワイイ。

10分ほどのトークの中で、このドラマの内容について、
「今日のバランス、僕、とても好きですね」と言っていた杉山紀彰さん。
和気あいあいとした雰囲気の話が気に入っている様子で、とても楽しそうだった。
小安武人さんと宮田幸季さんの会話も、楽しかった。
ボリスのコミックが3冊も出ていることを知り、「人気あンだなぁ~、チェシャ猫」とつぶやく小安さん。
ユリウスというキャラクターの変化についても語ってくれていて、内容の濃いキャストトークだった。

しかし、手元には、読まないかもしれないコミックが一冊。どうしよう。
7月も同じパターンで、今度は、ペーター・ボリス・ナイトメア・ジョーカーの4人が出演するドラマCD付きだ。

また3冊、買ってしまうと思う。



ボリス……。~一迅社・QuinRoseコミックフェア 7月~

2010年06月19日 02:38

見間違いかと思った。でも、見間違いではなかった。
「一迅社・QuinRose2ヶ月連続コミックフェア201007」
7月25日発売のコミックを3冊同時に購入すると
豪華ドラマCDをプレゼント、という企画。

出演は、宮田幸季(ペーター)杉山紀彰(ボリス)杉田智和(ナイトメア)石田彰(ジョーカー)
この4名。
また、ボリスが…。
うれしいような、しんどいような。
わざわざ買って読みたいのは、チェシャ猫のお話だけなんだけど。
たぶん、6月のように、3冊予約するんだろうなぁ。

同時発売の3冊は、「クローバーの国のアリス~チェシャ猫とワルツ~第4巻」
         「クローバーの国のアリス~白ウサギと時計仕掛けの罠~第2巻」
         「ジョーカーの国のアリス~夜明け前にみる夢~」

詳しくは、こちら。実施店舗は、まだ、発表になっていません。

「Wonderful Wonder Book Alice Archives Green cover ~ハート&クローバー&ジョーカーの国のアリス SS&イラスト集~ 」

2010年05月30日 17:08

Wonderful Wonder Book Alice Archives Green cover ~ハート&クローバー&ジョーカーの国のアリス SS&イラスト集~ (Sweet Princess Collection)Wonderful Wonder Book Alice Archives Green cover ~ハート&クローバー&ジョーカーの国のアリス SS&イラスト集~ (Sweet Princess Collection)
(2010/05/26)
ヘッドルーム

商品詳細を見る

付属のドラマCDは約73分。
時間はたっぷり、ある。そして、全員、タガが外れている。
大暴走するペーターと、それに巻き込まれていくブラッドたちの残念な感じ。マイペースなピアス。
モノマネまで披露するユリウスの不思議。魚釣りが苦手なボリスのかわいらしさ。
おもしろい。

そんな“ゆるさ”とは程遠い、本誌の書き下ろしSSとイラストの数々。
息をするのも忘れるほどの甘さ、近さ、濃密さ。
特にボリスのSSは、あぶない。
かつての自分の飼い猫・ダイナにライバル心を燃やすボリスから、
“そいつにしたことを俺にも全部して欲しい”と言われたアリス。
頭や背中をなでてやったり、クッキーを食べさせてやったり、……。
ボリスのペースに半分は抵抗しつつ、半分は望んで巻き込まれていく。

この、ちょっと普通じゃないお話にそうとう満たされてしまう私は、
やはりなにかのラインを踏み外してしまっている。
「もう、もとには戻れないな」って思える恋愛が、いい。

そこで、もうひと押し?ということで、
クローバーの国のアリス~Wonderful Wonder World~ドラマCD 第3巻クローバーの国のアリス~Wonderful Wonder World~ドラマCD 第3巻
(2009/03/25)
ドラマ杉山紀彰

商品詳細を見る

これを久々に取りだし、聴いてみた。
疑似恋愛の波状攻撃。
ボリスに出会えて、ホントによかったよ。

ダメな感じの恋愛にどっぷりつかりたい方に、おススメ。


「一迅社・QuinRose 2ヶ月連続コミックフェア201006」 特典CD付き

2010年05月09日 01:47

どうするべきか、この企画。

2010年6月25日、下記のコミック3冊が950円 (税抜き)で発売される。
「クローバーの国のアリス ~チェシャ猫とワルツ~第3巻」漫画:藤丸豆ノ介
「クローバーの国のアリス~白ウサギと時計仕掛けの罠~第1巻」漫画:木崎ナユ
「恋愛おとぎ話~シャンパン・カーニバル~」漫画:S.濃すぎ

これは、いいとして、↓この企画・3冊同時購入企画が問題だ。

フェア協力店は、
・精文館書店(一部店舗除く)
・積文館書店(一部店舗除く)
・有隣堂書店(一部店舗除く)
・福家書店
・明屋書店(一部店舗除く)
・WonderGOO(一部店舗除く)
・勝木書店(一部店舗除く)
・全国アニメイト(徳島店除く)

他にも追加店舗あり、とのこと。

でも、3冊って、この3冊?
チェシャ猫ボリスだけじゃダメなのか…?
6月になったら、早い者勝ちなのか?
予約して買ってもいいのか?
CD欲しいけど、(一部店舗除く)ってのも、気になる。




コミック「チェシャ猫とワルツ」~たとえ、踊らされていても、いいのです~

2010年03月31日 23:26

20100330
先週。本、買いすぎ。
「クローバーの国のアリス」のコミック「チェシャ猫とワルツ 2」 (IDコミックス)だけでよかったのに、
見てしまうと買ってしまう。
ユリウスのお話のほうは、ユリウス好きの友達へのプレゼント。
後は全て自分へのプレゼント(と言うと聞こえは良い)のつもりで。
「クローバーの国のアリス」をプレイしたことも無いのに、
ボリスのことが気になるので、つい買ってしまいました。完全に踊らされています、ね。

ボリスのセリフは、もちろん杉山紀彰さんの声で、
アリスは個人的に桑島法子さんのちょっときりっとした感じの声で、それぞれ脳内再生中。

恋愛に向いてない、と思う主人公が、あのボリスを好きになってしまっているわけなので、
第三者から見ると、ものすごく、甘い展開です。際限なく、甘くなる。
精神的には、駆け引きできない感じの不器用な恋愛かも知れないのですが、
銃は使うは、突然キスはするは、危険がいっぱい。
エースに嫉妬したり、アリスの態度にじれたりしても、ボリスはかっこいいですね。

お話はまだまだ続くので、このままでは終われない予感もします。

小説「クローバーの国のアリス~ホワイトコーリング」 感想

2010年03月03日 07:36

今朝、やっと、読み終えた。
クローバーの国のアリス―ホワイト・コーリング (一迅社文庫アイリス)クローバーの国のアリス―ホワイト・コーリング (一迅社文庫アイリス)
(2010/02/20)
白川 紗奈QuinRose

商品詳細を見る

クローバーの国のお話が、アリスとペーターを軸に書かれている。
特徴は、文章の硬さ。純文学一歩手前な感じだ。少し、重い。
だから、ボリスとなじまない。出番も少ないが、ボリス特有の輝きも薄い感じ。

拳銃を突きつけられたり、人が撃たれて血が流れたり、
銃撃戦のリアルさが、空気を重くしているのかも。
宰相さんの持つ“虚無感”にアリスが寄り添うのか、アリスがそれを変えていくのか、
結末が全然みえないまま、前半、終了。
ボリスの次に、ペーターが好きなので、できれば幸せな結末が用意されていますように。

アリスと言えば、甘い展開、甘いセリフ、
あらがってもあらがってもそのキャラの魅力に溺れてしまう感じが好きな、邪な私。
この読み方が、今回は通じない。
ちょっと心を入れ替えて、下巻を待ちたい。

「アヴァルス 2010年1月号」 コミック版「ハートの国のアリス」いよいよ、舞踏会

2009年12月17日 02:08

拍手、ありがとうございます。これ、また買ってしまいました。
COMIC BLADE avarus (コミックブレイド アヴァルス) 2010年 01月号 [雑誌]COMIC BLADE avarus (コミックブレイド アヴァルス) 2010年 01月号 [雑誌]
(2009/12/15)
不明

商品詳細を見る

ボリス、出てるかなぁ、と思って。
ハートの国では、いよいよ、舞踏会の開催です。エンディングも近い。

今回も頭の中で、勝手にアフレコしながら読みました。
この連載が終わってしまったら、たぶん、すごく淋しいだろうなあ…。
[「アヴァルス 2010年1月号」 コミック版「ハートの国のアリス」いよいよ、舞踏会]の続きを読む

小説「クローバーの国のアリス~ガーディアン・ゲーム~」 ”一番の謎は、自分の心”

2009年06月24日 01:06

クローバーの国のアリス―ガーディアン・ゲーム (一迅社文庫アイリス)クローバーの国のアリス―ガーディアン・ゲーム (一迅社文庫アイリス)
(2009/06/20)
館山 緑

商品詳細を見る


ボリスのファンなら、ぜひ書店で冒頭の漫画だけでも読んでほしい。
なかなか、妖艶な感じのボリスがいい。
彼は、本文には一回しか出てこない(P,44)。
残念だけど、しかたない。
今回は、グレイとアリスのお話だから。
[小説「クローバーの国のアリス~ガーディアン・ゲーム~」 ”一番の謎は、自分の心”]の続きを読む

コミック版「ハートの国のアリス」

2009年06月17日 12:49

表紙にボリスが登場。
ハートの国のアリス 3 (BLADE COMICS)ハートの国のアリス 3 (BLADE COMICS)
(2009/06/10)
ほしの 総明Quin Rose

商品詳細を見る

しかし、収録話のメインはしろうさぎのペーターだ。
もう少しで、ボリスがかわいい遊園地の回だったのに(多分、…うろ覚え)残念。でも、ウサギの姿のペーターの愛らしさは犯罪級。アリスのように思いっきり抱きしめたくなるね。
ゲームでは、人間性のかけらもないような掴みどころのないエース(ちょっと言いすぎ?)が、このマンガの中では、陰影濃い目に描かれていて、心揺さぶられる。好きにはなれそうにないけど、すごく気になる。アリスもエースを否定しきれない。曖昧な関係。

そして、
COMIC BLADE avarus (コミックブレイド アヴァルス) 2009年 07月号 [雑誌]COMIC BLADE avarus (コミックブレイド アヴァルス) 2009年 07月号 [雑誌]
(2009/06/15)
不明

商品詳細を見る

こちらでは、いよいよ話は大詰めに。
エースの微妙な立ち位置が、全員に何らかの選択を強いる。アリスもユリウスももっと正直にならなくちゃ。
わたしは、(杉山紀彰さんが声を担当しているということを抜きにしても)ボリスが一番好感が持てるキャラクターだ、と思う。だって、ボリスのアリスに対する思慕は、純粋だから。その健気さに心が動く。
幸せになってほしいんだけど、たぶん、ユリウスに負けちゃうね。
でも、ボリスは猫だから、一眠りしたら、大丈夫そう…って、勝手に、お話捏造中。
さてさて、今月のプレゼント、どれに応募しようかなっと。やっぱり、QUOカードか、な。

ボリス日和~月刊「アヴァルス」5月号

2009年04月16日 20:24

COMIC BLADE avarus (コミックブレイド アヴァルス) 2009年 05月号 [雑誌]COMIC BLADE avarus (コミックブレイド アヴァルス) 2009年 05月号 [雑誌]
(2009/04/15)
不明

商品詳細を見る


コミック版「ハートの国のアリス」#18
命の大事さを伝えたいだけだったのに、それをエースに軽く否定され、戸惑うアリス。
そこへ現れたのは、・・・ボリス!!
なかなか、いい展開かも。
[ボリス日和~月刊「アヴァルス」5月号]の続きを読む


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。