スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マチ★アソビ(ファーストラン) ロープウェイガイダンス・士郎&セイバー編とグルメハントに行ってきました。

2014年10月07日 10:24

某月某日、衛宮士郎と待ち合わせin徳島。
002
「衛宮君、ひさしぶり。なかなか似合うじゃない、そのジャージ。」
(なんて、まあ、お店に置いてあるクッションなんですけどね、見たまんまですが)  
012
コースターがかわいい……。

という感じで、マチ★アソビファーストラン開催中の徳島へ。
目的は アニメとグルメ。

マチ★アソビ・グルメハント協賛店で特別メニューをいただき(一部はテイクアウトも可)アニメのポストカードを貰おうという企画。今回は何店も回る時間がないのでスタンプをたくさん集めてビンゴを狙うのはあきらめ、好きなアニメのポストカードをゲットしようという計画。
まずは ufotable Cafe(「Fate/sn」) 特製カツカレー
001
細い道を恐る恐る向かった 水谷珈琲店(「アルドノア・ゼロ」) アイスキャラメルフロート
2014100601
後は、わっか堂(「神々の悪戯」)とTOMMY(「サイコ・パス2」)に行ってきました。
どれもすごくおいしかったけど、かなりおなかいっぱい……。

グルメの次はアニメ。本日のメインイベント「眉山ロープウェイガイドアナウンス」を聞きに。
閑散とした阿波踊り会館の自動発券機でロープウェイの往復乗車券を買って、きょろきょろ。
案内係の人に「あの~~ポスターをいただけると聞いたのですが~」と声をかけると、
くるっと丸めて輪ゴムでとめたA3サイズのポスターを出してきて渡してくれました。
これが裏。ファーストラン運行中に読まれたフルバージョンのアナウンス原稿です。
011
下りを担当していたセイバーが「少し真面目になりすぎてしまったかもしれませんが、楽しげな雰囲気は凛とアーチャーに任せる」と言っていたとおり士郎も優しげな落ち着いたアナウンスでした。このまま通常の放送にも使えそうな……。
声はさすがに写メルわけにはいかないので意味もなくスピーカーなど撮る私。
003  009
山頂の士郎。背景がぼやけた、すまない。
005
ポスターには 杉山さんのサインと
「マチアソビVol.13 楽しんでいって下さい!!」とのコメントがありました。
「楽しんで下さい」でなくて「楽しんで“いって”下さい」という一言が嬉しいです。
杉山さんって、なんというか、
イベントのためにそこに集まってきた人々の気持ちがリアルにわかる人なんだなあ、なんて思って。
イベントに呼ばれたゲストという立場ではなくて
イベントに来る人を迎える側の意識が強い、もてなす心がこもった言葉に思えて嬉しかったです。

さて車でちょっと走って「徳島阿波おどり空港」へ。
「マチ★アソビvol.13スタッフブログ(空港ジャック準備)」
しかし、Fateのあれこれを飾ってあるのは「搭乗待合室」搭乗口・金属探知機の向こう側なので入れない。
誰でも入れる正面入り口付近の雰囲気だけでも撮っておこうかな。
012
この右上のガラスの向こうが「搭乗待合室」 Fateのでっかいイラストがチラ見えしていました(泣)

晴れると日焼け止めが要るくらいの日差しなのに
お天気が悪いとちょっと肌寒い。
この季節、外にいるのは大変です。
今週末からイベント目白押しの「マチアソビ」本体が始まります。

普段は静かな街ですがメインの3日間はカフェやイベントチケットの配布箇所には長蛇の列。
コスプレ会場付近は通り過ぎるのも大変な状態。
眉山山頂へのロープウェイには30分以上の待ち時間。
  だったような記憶が……。
しかも山頂ステージまでは坂道や階段がけっこうあって時間がかかりますので要注意。
(通常、ステージに近い観客スペースはイベントごとの総入れ替え、椅子はなし。これも注意が必要かと)

杉山さんが登壇されるイベントは12日午後。
楽しいイベントになりますように。

それでは戦利品の写真をば。
010
士郎のフェルトワッペン(裏に安全ピン付き)がかわいいですね。
9月の新商品
として紹介されていました。




スポンサーサイト

「GY-Dreamフェスティバル」(2012.11.11) 唐津市  感想

2012年11月15日 12:30

11月11日に唐津であったイベントの感想を書きました。
今回は、有料イベントなのと、
イベントの対象が「夢を抱いて社会に旅立つ若者」向けということで、
完全に部外者な自分の立場を思い、
感想を書かないことにしていたのですが、
当日お客さんがあまりにも少なかったのと
杉山紀彰さんのこういった一般向けの講演も滅多にないと思い直して
感想をまとめてみました。
正確なルポではないのでご了承ください。
いつまで開設されているかはわかりませんが、以下が関連サイトです。
「GY-Dreamフェスティバル」公式サイト
「GY-Dreamフェスティバル」公式ツイッター

感想のほうは3つに分かれています。
私の九州行き全体のことも書いている「勝手に旅情編」
まじめな話し中心の「ちょっとかためなお話・編」
上記以外のエピソードをまとめた「ちょっとやわらかめなお話・編」
以上です。

2012.11.11 唐津市 「GY-Dreamフェスティバル」 クロストーク・感想 ~ちょっとやわらかめなお話・編~

2012年11月15日 12:12

「GY-Dreamフェスティバル」 クロストークでのちょっと和むお話を。

では、座ってトークをしましょうと皆さん用意された椅子に着席。
ところが、壇上に用意された椅子と机が大柄なマフィア梶田さんには明らかに小さすぎて
客席から温かな笑い声が…。
真面目でガチガチなトークにゆるさを出そうとガンバっている梶田さんが
とってもチャーミングでした。
トークの最後にも「親を説得できなかったら、もう…家を出てください!!!(笑)」ときっぱり。
真面目なトークしか許されない状態に我慢の限界?
でも、ず~っと一生懸命耐えていてかわいかったです。

クロストークの序盤。
「夢」という意味では、この中で一番「夢」を実現しているのは西澤さんですよね、
と梶田氏が、ポツリ。
西澤さんが所属しているバンダイホビーセンターはガンダムにあこがれる者にとっては「基地」みたいなもので、その「基地」でその格好で西澤さんは働いているのだから、と。
その日、壇上の西澤さんはガンダムの地球連邦軍の制服みたいなジャンパーを着ていたのですが、
それがこのイベント用の衣装ではなくて通常の制服なのだとか。
右肩についているエンブレムが実際の階級?を表しているのだと言っていました。

そこで今日ここにいる男性4人は皆ガンプラ好きだ、という話に。
初めて父親に買ってもらったガンプラが「アッガイ」だという矢野さんのエピソードに盛り上がる男性陣。
梶田さんはザクが好きで心は常にジオン公国にあるのだとか。
はじめて買ったガンプラが1/144シリーズ?だったという杉山さん。
杉山さんはこの日の待ち時間にもガンプラを組み立てていたそうです。

前日唐津入りした杉山さんたちは
観光したりおいしいものを食べたりできたようで、
唐津城のことも少しだけ話題になっていました。

長いクロストークのコーナーが終わり、
主催者からの記念品(たぶん唐津焼き)を笑顔で受け取って
イベント終了。
(杉山さんと中村さんはその日の夕方の飛行機で東京へ帰られたようですね)

イベント最後の挨拶。
この間「友人と呑みながら話していて、
今の世の中、やりたいことがあるのは幸せなのかも」
という話になった、と話す杉山さん。
夢を持てる人はそれだけで幸せかもしれないと。
だから、やりたいことがあるなら先ずやってみよう、がんばってみようと。

なにもやらずに後悔するよりも
なにかやってみることが大切で、
いろいろ考え悩むのはやってみてからでいいんだ、
ステージ上で真摯に語る杉山さんから
そんなメッセージを受け取った気がしました。

あと、続きからちょっとおまけです。


[2012.11.11 唐津市 「GY-Dreamフェスティバル」 クロストーク・感想 ~ちょっとやわらかめなお話・編~]の続きを読む

2012.11.11 唐津市 「GY-Dreamフェスティバル」 クロストーク・感想~ちょっとかためなお話・編~

2012年11月15日 12:00

11月11日に唐津市で開催された「GY-Dreamフェスティバル」のラストのコーナー、クロストークの感想です。

イベントのラストに参加者5人全員が壇上に用意されたテーブルにつき、
マフィア梶田氏の司会でクロストーク開始。
「これはたぶん今回唐津に来た感想などの軽い話を楽しく語るのかなあ」なんて思っていたら
ここでも「夢」の実現に向けてのまじめで真剣なアドバイス満載のお話が始まりました。
予定時間は60分! これはすごい。

長いのでたたみます。
[2012.11.11 唐津市 「GY-Dreamフェスティバル」 クロストーク・感想~ちょっとかためなお話・編~]の続きを読む

2012.11.11 唐津市 「GY-Dreamフェスティバル」 ~勝手に旅情編~

2012年11月15日 11:50

11月11日に佐賀県唐津市で行われた「GY-Dreamフェスティバル」に行ってきました。
2012111101曇り。静かな唐津駅。駅舎が不思議にすっきりした印象。
2012111102当日配られたパンフレットとステッカー他。ご当地ゆるキャラ「唐ワン」くん。
イベントの様子がわかるサイトが案外ないのが困りもの…。
佐賀新聞にも当日の様子は掲載されてなくて。
中村千絵さんのブログはこちら
杉山紀彰さんのブログはこちら
アクセルワンのスタッフブログの記事(イベント前日、福岡空港に到着した杉山さんと中村さん)はこちら。イベント終了後の様子はこちら
他にもあるかも…。
青年会議所スタッフのツイッターはこちら
当日MCも担当されたマフィア梶田さんのツイッターや
公式ポスターの素敵なイラストを描かれたikuyoanさんのツイッターなどにも11日前後にはイベントに関するつぶやきがあがっておりました。

途中ライブパフォーマンスがあったものの、全体の印象はとても静か。
これから社会に出る若者向けの講演が中心だったのですが、
中高生の姿はあまりなく…。
たぶん、模試だとか部活だとか、休日の彼らは忙しいのだと思います。
中高生に向けた無料の席はアリーナの後方の席だったし。
声優さん目当てでいって前方の席に座る自分が、ちょっと場違いで申し訳なかったです。
大きなお祭り(唐津くんち)の後の静かなお祭り、といった感じでした。

でも、とても貴重な言葉をたくさん聞けた数時間でした。
主催者・出演者の皆様、ありがとうございました。

夕方に向けてお天気は見事に下り坂、
地元のかわいい中学生たちがさざめく電車の中から
うちつける強風に白波の立つ玄界灘を見ながら帰ってきました。

あと、ちょっと個人的なその後のおまけのご報告。
[2012.11.11 唐津市 「GY-Dreamフェスティバル」 ~勝手に旅情編~]の続きを読む

衛宮家のとある一日~マチアソビVol.9 10月8日 レポート~

2012年10月20日 18:00

「ファミ通.com」で10月8日のマチアソビ・“プレイステーション Vita版『フェイト/ステイナイト[レアルタ・ヌア]』トークショー”のレポート配信中。
記事はこちらです。写真がたくさんありますね。

共演の役者さんのブログにも報告があります。
門脇舞以さんのブログはこちら
大原さやかさんのブログはこちら。(「業務日誌」の2012年10月7日と8日に報告記事がありました)

徳島ラーメン、おいしそうです。

10月8日マチアソビ Vol.9  ~杉山さんイベントとはあんまり関係ないヨタ話編~

2012年10月10日 20:29

ここだけの話、私、雨女なんです。
たぶん、降水確率100%、脅威の雨女。
幸せな気分の日には雨が降る。どこかのゲームの誰かのよう。
だからどんなに好きなアーティストのライブ等でも野外は行かないことにしていたんです。
でも、ここ数年は一緒に行ってくれる人選によっては雨が降らないことを発見。

去年杉山さんがゲストに来られていた鳴門の阿波おどりに
その仲間と行ってみたところ、見事に晴れ。
なので、今年はそのメンツに徳島へ一緒に行ってはくれないかと懇願した結果、
前日夜になってOKが出て、いざ、マチアソビへ!ということになりました。

最終日ということもあってすごい人人。
眉山山頂へのロープウェイが1時間から2時間待ちで、
山頂ステージもステージが見える範囲にはびっしり人がいる状態でした。
でも、そうは言っても周辺人口がそれほど多くない四国ですから、
イベント全体の印象はゆったりしたもの。
特別にこしらえてあったお菓子とか売れたのかなぁ…。
なんて余計な心配ですね。

今回のマチアソビでは「Fate/Zeroー第四次聖杯戦争展ー」徳島マチアソビVer.も同時開催。
これがそちらで手に入れたグッズです。
2013101001
キッズのタンブラーが買えてよかった。
一応、マスター認定試験のイベントも参加しようと始まりの部屋へ。
2013100802
でも、本来の目的・杉山さん出演のトークイベントへ行くために一人離れ眉山山頂へ向かうため、
ここで原画だけ見て私の中の第四次聖杯戦争は終了しました。
ケイネス先生、ごめんなさい。

イベント終了後、少し時間があったのでちょっとだけ観光を。
ただ自分ひとりではこんなに晴れている日に来られることもないだろうと
念願だったひょうたん島クルーズを体験しました。
秋の風に吹かれながら30分ほどのクルージング。
刷毛で掃いたような巻雲が広がる静かな空。
西に傾きかけた太陽の右手に虹色の幻日が見えて
感動のあまり言葉が出なかった…。
川岸を行く人々が普通に手をふってくれたり、
水中をゆくエイの群れを見せてもらったり、
鉄橋を渡る一両編成の電車を見上げたり、ゆったりと素敵な時間をすごしました。
その後、ufoカフェで食事をし、バスで帰る人を見送って解散。

きっかけは単なる声ヲタ活動なのですが、
なにかしら行動を起こせば起こしただけ、いいことはそこにある。
そう思える一日でした。


徳島マチアソビ「PlayStation Vita版 Fate/stay night トークショー」 2012.10.08

2012年10月10日 19:00

8日まで徳島で開催された「マチアソビ VOL.9」
最終日の「PlayStation Vita版 Fate/stay nightトークショー」を見てきました。

マチアソビは基本的には男性ファン多めのイベントなので
なにか面白い動きがあると「キャー」ではなく「おおー」という歓声が起きます。
拍手も力強い。
会場はイベントを普通に楽しんでいるアニメ好きな家族連れから
たぶん一度は彼岸を見てしまったに違いないと思わせる濃い方まで、さまざまで楽しいです。
光の下で輝くレイヤーの皆さんの美しさも堪能できます。
徳島の美しい水と風に触れることでいい具合に毒気の抜けたマニアが集う場所。
それがマチアソビなのかなと思います。

イベント全体については
ほかの方のルポのほうが詳細で確実だと思うのでここはいつもどおり
杉山紀彰さんをガン見レポート、しかもうろ覚えでお送りします。

下屋則子さんのブログに集合写真が。
会場ステージ脇の大きなスクリーンに何度かアップになった杉山さんは
目元がくっきり二重ですっきりした感じ。
声はもちろんのこと、優しい笑顔がなにより素敵でした。

長いのでたたみます。
[徳島マチアソビ「PlayStation Vita版 Fate/stay night トークショー」 2012.10.08]の続きを読む

日本語訳をお願いします。

2012年07月18日 15:00

これ、既出だったらごめんなさい。

フィンランド来訪の際の杉山紀彰さんのインタビュー記事なのですが、
言葉がわからなくて…。
杉山さんがご自分の出演作をこんなに幅広く、
ここまでいろいろ語っていらっしゃるのは本当に貴重なので、
全文のちゃんとした意味が知りたいです。
それか、この音源があれば聴きたいのですが、
それは無理か…。

記事はこちら
グーグル方面から検索すれば一応日本語にはできます。
イベント中の杉山さんはサイン会の日の赤いシャツも似合ってましたよね。
イベント、いいなあ…。
日本では最新情報が優先で過去の出演作品を語る機会が少ないので
今回お話を聴けた皆さんがとってもうらやましいです。

名古屋「BIKEINA CAFE」 小林プロデューサー・杉山紀彰さん トークショウ 詳細ルポ

2011年12月21日 03:05

ゲームサブカル情報サイト「ゲームラビット」
12月11日名古屋「BIKEINA CAFE」で開催された「小林プロデューサー・杉山紀彰さん『戦国BASARA3 宴』トークショウ」の詳細が紹介されています。
こちらから。
写真付きでほぼ全コメント掲載のようですね。
嬉しいけどちょっとびっくり。
 

「アクセルワン座談会in明治大学」また聞きルポ その2 ~チョロギって知ってますか?~

2011年11月05日 12:29

3日の明大祭のイベントに参加した人から
杉山紀彰さんと立花慎之介さんの様子を聞くことができたので、
わかる範囲でまた聞きレポート。
これはその2です。

続きの「妄想スケッチ」から。
[「アクセルワン座談会in明治大学」また聞きルポ その2 ~チョロギって知ってますか?~]の続きを読む

「アクセルワン座談会in明治大学」また聞きルポ・その1 ~ほんとに仲良し~

2011年11月05日 06:09

アクセルワンの11月4日付けのスタッフブログ
3日のイベントの写真があがっています。
写真ではわかりにくいですが、
杉山さんはジャケットの中の黒いシャツの襟元から
その下に着ている紫色が少し見えるようになっていて、
すごくかっこよかった、それと時計は右手にしてたかな、
というような情報を人から聞きました…。

いつかのイベントの時のように、
東京へ遊びに行っていた友人たちが
明大祭ものぞいてきたということで
またもやしつこく食い下がり
杉山さんと立花さんの様子を聞きました。
正確さは微妙ですが 楽しさは保証付きのまた聞きルポです。

「アクセルワン座談会in明治大学」
2011年11月3日 明治大学和泉校舎にて
出演:立花慎之介さん 杉山紀彰さん


[「アクセルワン座談会in明治大学」また聞きルポ・その1 ~ほんとに仲良し~]の続きを読む

第2回大阪声優トークイベント・王様ジャングル その6 ~おしまいに~

2011年09月11日 17:30

おしまいに、おまけの巻

細かいことが曖昧ながらとっても面白かったお話。
[第2回大阪声優トークイベント・王様ジャングル その6 ~おしまいに~]の続きを読む

第2回大阪声優トークイベント・王様ジャングル その5

2011年09月11日 05:40

サイン会とエピローグの巻
[第2回大阪声優トークイベント・王様ジャングル その5]の続きを読む

第2回大阪声優トークイベント「王様ジャングル」 その4

2011年09月11日 05:20

朗読劇の巻
[第2回大阪声優トークイベント「王様ジャングル」 その4]の続きを読む

第2回大阪声優トークイベント「王様ジャングル」 その3

2011年09月11日 05:00

質問コーナーの巻
[第2回大阪声優トークイベント「王様ジャングル」 その3]の続きを読む

第2回大阪声優トークイベント「王様ジャングル」 その2 

2011年09月10日 18:07

プロローグの巻
[第2回大阪声優トークイベント「王様ジャングル」 その2 ]の続きを読む

第2回「大阪声優トークイベント・王様ジャングル」 その1~はじめに~ 

2011年09月10日 18:00

こんばんは!!
いきなりですが、関西在住のちょいヲタ仲間たちが
杉山さんと大宙さんのイベントに行ったというので
いろいろしつこく聞いてみました。
つまり、又聞きレポート。

その後二日ほどで文章にしたら…、むちゃむちゃ長い。
私の執念が災いして あまりにしつこく長いのでいくつかのパートに分け、
それぞれたたませていただきました。

もしこれらの記事を読まれて不快に思われたり、
心に何かひっかかるものがあったらごめんなさい。
それはすべて私の文章の拙さによるものであり
イベントのことを語ってくれた友人たちのせいでも
このイベント自体のせいでもお二人のせいでもないことをここで言わせておいてください。

ちなみに彼女たちは杉山さんのファンでもなんでもなく、
会場で配られたアンケートの「呼んでほしい声優は?」との問いに
「浪川大輔さん」と書いてきたらしい。
なんでぇ~。(←フランス兄ちゃん風に)
杉山紀彰さんの名前も書いて欲しかった…。

8月11日の「鳴門でNARUTOだってばよ!」に行ってきました。

2011年08月12日 07:49

8月11日 鳴門市阿波おどり「鳴門でNARUTOだってばよ!」
竹内順子さん・杉山紀彰さんのトークイベントに行ってきました。

明るいうちは海に向かってのびる空にきれいな雲が広がり
暗くなってからはきれいな月が輝く
暑い中にも爽やかで楽しいイベントでした。
会場に掲げられていた看板の絵が素敵でした。
竹内順子さんのブログ
地元のスタッフさんのブログのここここ、そして、
アクセルワン・スタッフブログのここここに記事があります。
少しは会場の雰囲気が伝わるといいのですが。
一部ケーブルTVで中継されていたそうですが、
自分なりに覚えていることをたどってみます。

とってもゆるい空気の中、トークショー開始。
(本当にゆるい進行で、竹内さんだけが時間や段取りに気を使っていたような?)
先ずは他の連と同じように桟敷席に挟まれた演舞場の東側から杉山さんたちが登場。
ほぼ真ん中に立ち止まって司会者の進行でお話。
桟敷席の最前列は出演者と地続きに居ることになるので、すごく近く感じました。
終了後は西側へゆっくり歩きつつ退場。
トーク中は客席からのリクエストに応えるために
二人ともいろんな方向を向いてくれていました。
杉山さんの後ろ姿をこんなに長い間見たことないよなぁ…なんて変なことに感動。

今回のトークショーは7時台と9時台の2回。約15分間。
あいさつに始まり、先ずはこの夏の新作映画のPR、
その後、会場のリクエストに応えてお二人がキャラの声でセリフを言い、
最後に「鳴門でNARUTOだってばよ!」を会場全員で言ってしめるという流れでした。

それぞれがキャラクターの声でセリフを言うコーナーは
ちゃめっ気とSっ気たっぷりの竹内さんにより 杉山さんへのムチャぶりコーナーに。
杉山さんはサスケのセリフの他に「お色気の術!」や
なんでもいいから技をと言われ「写輪眼」→「須佐能乎」を連続で叫んだり
「ウスラトンカチ」と言われたい、というリクエストに応えたら、竹内さんに”いつもナルトに言っているのよりも優しい”と指摘されてたじたじになったり、大変&大活躍でした。
出演者が二人だったこともあり
杉山さんはマイクを常に口元に持っていってくれていたので、
笑い声やちょっとしたリアクションも伝わって来てとても近くに居る感じがしました。

2回目のシメで
「せ~の!」と杉山さんが言ってから、「鳴門でNARUTOだってばよ!」と皆で言うことになったのですが、
杉山さんがいきなりカッコイイサスケの声で「いくぞ、せ~の!」と言ったためになんだか全体がグダグダに。”じゃあ、「せ~の!」だけで”と遠慮がちに言う杉山さんが、なんだかかわいかったです。
そう言えば冒頭でもちょっとした冗談を言って微妙にすべってみたりして。
ナルトのイベントの杉山さんはいろいろと楽しそうです。
イベントを楽しんでるんだなぁ、って伝わります。

「杉山さ~ん」という声がかかると
声の方向を眼で確認してそちらを見つつ軽く頭を下げる感じで応えてくれていて
その優しい心配りにも泣けました。

四国は日本の田舎です。
なかなか楽しいことが少ない静かなところです。
その小さな世界に自分の好きな役者さんが訪ねて来てくれて
本当に幸せでした。

阿波おどりも迫力があって素晴らしかったし、
このイベントがずっと続いてくれると嬉しいです。



祝・主役昇進!? 「黒執事Ⅱ」OVA完成披露試写会イベント

2011年01月24日 06:56

おはようございます。
都内のビジネスホテルの一室で借り物のPCからご報告です。
23日東京国際フォーラムで行われた「黒執事」イベント、無事終了しました。
当選ハガキの不備があったり、当選番号の大きい数字の人は外で待たされたり、
アニメ作品そのものにも1期と2期で好き嫌いが分かれたり、と、
いろいろありながらも満足できるイベントになるあたり、
この「黒執事」の作品としての力と登場キャラクターの魅力を見せ付けられた感じ。
イベントの様子は「黒執事Ⅱ」DVD第7巻の特典映像に収められるそうです。

本邦初公開のOVAはどれもとても面白い出来で、
特に「MAKING~」には会場内から笑い?と拍手の嵐が…。
そして「死神ウィル~」のほうは、場内各所でうっとりした気配を含んだため息が…。
若くて美しい死神たち(グレルとウィル)が主役の話が見られるなんて、
(死神つながり的?に、司会者さんが「BLEACH」の話を匂わせて杉山さんが困ってましたが)
今よりもっとひんやりとしたウィルが見られるなんて本当に感動しました。
どちらの作品も奥行きがあっておもしろく、しかも比喩や暗喩の効いたすばらしいものでした。
DVD発売が楽しみです。と言っても、4月まで待たなければなりませんが…。

司会者としてニッポン放送の吉田尚記さんが登場した段階で このイベントは大丈夫だと思いましたが、
その通りになって、よかったよかった。 スーツ姿の杉山さん、素敵でした。
ウィルについてのコメントが始めの方に終わってしまったので、
キャストトークのほとんどの時間、なかなか声は聞けませんでしたが、
共演者の一言一言に笑う表情が柔らかで楽しげでした。
ラストの挨拶が終わった後、向かって左側に立っていた杉山さんが最後にステージを去る形になったのですが、
舞台上の床に残されていた手袋(だと思う)を拾って立ち去る杉山さん。
その自然なしぐさに感動してしまいました。

いつもDVDで見かける落ち着かない感じ(左手で前髪触ったり袖口直したりなどなど)もありつつ、
出番があまりないキャラであることを気にする発言もしつつ、
それでもステージに上がってくれる杉山さんがいいなあ、と。
自分がかかわった作品への気持ち、
アニメ「黒執事」に対する責任と愛情が見て取れる よい時間でした。

カラフィナさんが歌った1期のEDテーマが切なくも感動的で、ずっと場内に流れていたBGMも素敵でした。
ついついサントラを買ってきてしまったので、帰ったらそれを聴こうと思います。




最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。