スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「黒執事」の楽しい仲間たち~レディオ・エクストラサイド~

2009年07月31日 02:18

拍手・コメント、ありがとうございます。
杉山さんの歌声、エンドレスですね。

そんな中(どんな中?)アニメ「黒執事」の出演者がパーソナリティーをつとめるWebラジオ=黒執事ファントムミッドナイトレディオ「レディオエクストラサイド」の第16回が更新されています。担当は、アグニ(安元洋貴さん)とソーマ(立花慎之介さん)、カリーな二人の登場です。

ハイテンションだけどどこか知的な安元さんと、涼しい声でかなり濃い話をさらりと話す慎之介さん。いいコンビです。笑い声が絶えません。楽しい。

どうも、いつもはメインのフィニ役・梶くんが多忙のようですね。

ん?…ということは…。
ウィル役の杉山紀彰さんにも出演のチャンス有り?
だと、いいですね。
スポンサーサイト

「ヘタリア キャラクターCD Vol.4 イギリス」 ”おもかじ、いっぱぁ~い!”

2009年07月30日 01:34

ヘタリア キャラクターCD Vol.4 イギリス

なんて、ナチュラルなんだろう…。
話しても、笑っても、怒っても、泣いても、そして、歌っても、イギリスはイギリス。
こんなにぶれずにひとつのキャラクターを演じることができるなんて、驚き。
杉山紀彰さん、いい仕事をまたひとつ残しましたね、という感じだ。

このキャラソンのどこがどう好きなのか、尋ねられたなら、
一晩中でも、語っていられる自信がある。
そのくらい、好き。
[「ヘタリア キャラクターCD Vol.4 イギリス」 ”おもかじ、いっぱぁ~い!”]の続きを読む

「BLEACH」 5th Anniversary BOX

2009年07月29日 23:24

20090729
記念撮影。でも、ひとつだけ、仲間はずれが…。

杉山紀彰さんの代表作のひとつ・アニメ「BLEACH」
知っているようで知らないことも多いので、5周年を機に見直すことに。

特典のCDとDVDには、石田雨竜(と言うか、杉山さん)の登場は無かったけれど、
とりあえず、まだまだ謎も多かった死神のことからちゃんと観ていこう。
なんて、大丈夫か??ますます、生活、荒れそうだよ。

しだれやなぎ

2009年07月28日 13:43

夕べ、雨が止んで、ようやく花火大会決行。
今年も、しだれやなぎは見られなかった。
雨のせいで湿った空に、
色とりどりの光の花が咲いては散っていく。

同居人うーちゃんを無理矢理ひっばりだして、煙った夜空を見上げる。


そういえば、流星群、見たよねぇ。
何年前だったっけ?
あれ、すごかったよねぇ。ホントに、すごかった。音がしそうだったもの。
日食見えたの?
一応。
なかなか幻想的だったよねぇ。


などなど。

空での美しい出来事は、
地上の人々の心を繋ぐ。

惚れ直してしまいそうだ。

2009年07月27日 15:34

拍手・コメント、ありがとうございます。

こんな記事を見つけました。

杉山紀彰さん、なんだか、できる男っていう感じです。
”感じ”というと失礼ですね。
杉山さんって、多分、自分の力でしっかりと生きている”素敵な大人”なんだろうなあ…。

アニメ「ヘタリア」 27話 ~買わないヤツは呪ってやる!~

2009年07月26日 06:36

アメリカが見つけてきたドイツの日記を読む連合国の面々。
世話の焼けるイタリアに、悩むドイツ。でも、結局はイタリアだけが彼の友だちなのだ。
イタリアしかともだちが居ないさびしいドイツの状況に、みんなでカナシイ気分に…。
こっちまで、なんだか、泣けてきたよ。

そんなブルーな?展開を吹き飛ばしたのは、イギリス(杉山紀彰さん)のキャラソンのCMだ。やったー!やっと、イギリスのターンだ。本当に長い間待ちましたよ。
CDの紹介のイギリスの声も、素敵だ。

今回、番組のエンディングテーマを歌うは、ドイツ。
イギリスの歌になるのは、もう少し先かな。
楽しみだ。

映画「アマルフィ」 やっぱりイタリア語が好きだ。

2009年07月24日 23:24

拍手をありがとうございます。杉山さん関連の作品が次々発売される、幸せな時期ですね。

なんとなく、美しいものが見たくなって、今日、映画「アマルフィ」を見てきました。
20090724
ついつい、ストラップなんて買ってしまいまして。
主役の織田裕二さんと天海祐希さんは、ホントにスクリーン映えのする美しい俳優さんですね。
ひいた画面に映るシルエットが、
走ったり立ち止まったりするひとつひとつの動きが、
とても美しい素敵な俳優さんたち。  眼福ですね。
もちろん、イタリアの風景もよかった。観光地も、話の流れの中でさりげなく映し出されていてよかったです。

スクリーンに映るのは、役者でも背景でもなく、”空気”なんだと思います。
全てを覆いつくしている”空気”をどれだけ画面に焼き付けられるかで、映画の良し悪しが決まるように思います。
その点、この映画は成功だったのではないかと。
ただのカッコイイ話では終らない「イタリアの空気」が見られただけでも、見に行った甲斐がありました。

ちなみに、この前読んだ小説とは全然違う内容でした。
話としては、小説の方が、ヒネリが効いていて面白かったかもしれませんねぇ。
と、このまま、書いていると段々辛口になりそうなので、今日はこの辺で。
~おやすみなさい~

アニメ「ヘタリア」 DVD Vol.3 ~ちょっと、しみじみ~

2009年07月23日 23:52

ヘタリア Axis Powers vol.3【初回限定版】 [DVD]ヘタリア Axis Powers vol.3【初回限定版】 [DVD]
(2009/07/24)
浪川大輔高橋広樹

商品詳細を見る

うすいピンク。というか、藤色? ジャケットが美しい第3巻。
特典CDは、恒例の「まるかいて地球」を、アメリカとフランスの歌声で。
アメリカのキャラそのままの歌声だ!小西克幸さん、すばらしい!
フランス兄ちゃんの小野坂昌也さんも、上手いなあ…。なんだか、歌声がピュアな感じで、いつもと違う。ちょっと、ドキドキ?
アニメの方を改めて見直すと、なかなか味わい深い作品なのだと気付く。画も声も。

好きです、…ローマ爺ちゃん。
[アニメ「ヘタリア」 DVD Vol.3 ~ちょっと、しみじみ~]の続きを読む

アニメ「黒執事」DVD第7巻 感想  

2009年07月23日 04:52

拍手、ありがとうございます。
部分日食の街に出て、これ、買って来ました。

黒執事 VII(完全生産限定版) [DVD]黒執事 VII(完全生産限定版) [DVD]
(2009/07/22)
坂本真綾小野大輔

商品詳細を見る


第18話へのオーディオコメンタリー(小野大輔さんと杉山紀彰さん)と、
特典CDの「Webラジオ ファントムミッドナイトレディオ 出張版」(小野さん・諏訪部順一さん・杉山さん)を聴きました。
杉山さんが大好きなら、楽しい時間を過ごせそうなアイテムです。
特に、そんなには…。という場合は、まあまあ楽しく。
作品が大好きで、役者さん達には興味ないワ…。という場合は、ちょっと肩透かしかも?
という仕上がりになっていると思いますが、どうでしょうか。
[アニメ「黒執事」DVD第7巻 感想  ]の続きを読む

続・月刊「Gファンタジー 8月号」 あっ、…杉山紀彰さんだ。

2009年07月22日 02:55

拍手・コメント、ありがとうございます。
Gファンタジー 2009年 08月号Gファンタジー 2009年 08月号
(2009/07/18)
不明

商品詳細を見る


本編ではウィリアムが粛粛とお仕事中ですが、おまけのイベントのレポートには杉山紀彰さんのお姿が載っています。(レポーターは、確か、アシスタントさんだったかな?)
杉山紀彰さんの優しげな感じがよくでていて、和みます。漫画になると、かわいいですね。

和むと言えば、この前レンタルしてきたアニメ「クプ~!!まめゴマ!」
のんびりしているあの空気がなんだか気になるので、3巻以外も観てみたいです。
~ナル様、情報をありがとうございました!~
(最初、お名前を間違ってしまいました、本当に申し訳ありませんでした ー2009.07.23ー)

月刊「Gファンタジー 8月号」 ~これからは死神メインで!~

2009年07月22日 01:27

”きょうびの月刊誌の分厚さに、驚愕するウィリアム”の図
20090722

漫画「黒執事」のサーカス編も、死神の登場で一応、幕。
ゆがんだ愛情が迎えた、あまりにも救いようのない結末に言葉も出ない。

なんて、静かに感傷に浸っていたのも束の間、
その素敵な死神は、誰ですか!って言うか、新登場!”ロナルド・ノックス”…なんだろう、…素敵だ。
ウィリアム・T・スピアーズとグレル・サトクリフを足して2で割ったような感じ?
女王サイドにも、フィニとバルドに似ている二人組みが登場。裏社会のもうひとつ裏側を女王陛下が牛耳っているということなのか?それとも”クラウディア”の名の刻まれた紋章を持つアンダーテイカーが全ての上に立つものなのか?

毎月、分厚すぎて置き場所に困るので、もう買うの止めようと思ってたのに…。次号が待ちきれない。困ったもんだね。

「ニュータイプ・ロマンス 2009 SUMMER」 黒執事2期・妄想中

2009年07月20日 18:40

NEWTYPE ROMANCE (ニュータイプロマンス) 2009年 08月号 [雑誌]NEWTYPE ROMANCE (ニュータイプロマンス) 2009年 08月号 [雑誌]
(2009/07/18)
不明

商品詳細を見る


「黒執事」2期の展開を妄想(予想?)している記事が、面白い。
主従を入れ替える、とか、セバスのキャラを黒くない感じでやる、とか、色々妄想中。
死神たちを主役にする、という妄想も有り。ウィル(声:杉山紀彰さん)とグレル(声:福山潤さん)の掛け合いが、2期でも見られるといいな。

P,124に、「黒執事」のイベントレポート、有り。
杉山紀彰さんの姿が、一応確認できた。嬉しい。
でも、記事の右側真ん中の写真は”アッシュ&アグニ”ではなく、”アバーライン&ドルイット”ではあるまいか?…たぶん、そうかな?楽しげなイベントの様子を早く見たいなあ。

B's-LOG (ビーズログ) 2009年 09月号 [雑誌]B's-LOG (ビーズログ) 2009年 09月号 [雑誌]
(2009/07/18)
不明

商品詳細を見る
「薄桜鬼」が気になって、こちらも購入。
[「ニュータイプ・ロマンス 2009 SUMMER」 黒執事2期・妄想中]の続きを読む

アニメ「クプ~!!まめゴマ!」  ほのぼの鑑賞中

2009年07月19日 23:06

拍手、ありがとうございます。
「ヘタリア」のイギリス、いいですね。愛らしいキャラです。

連休初日、レンタルDVD屋さんに出掛けました。
前から気になっていたアニメ「クプ~!!まめゴマ!」を借りてきてしまいました。
いい大人なんですが、やっぱり、謎の生物”タカヤン”の声を聞きたいので。

何巻に出ているのかわからなかったので、なんとなく、第3巻をレンタル。

以下、ほのぼの鑑賞日記です。
[アニメ「クプ~!!まめゴマ!」  ほのぼの鑑賞中]の続きを読む

小説「アマルフィ」 読了

2009年07月19日 18:30

アマルフィアマルフィ
(2009/04/28)
真保 裕一

商品詳細を見る

映画の原作だと思って、読んだ。
わりと、すぐに読めた。なんだか、ちょっと物足りない感じ。
ちなみに、真保裕一さんのおススメの作品は
灰色の北壁 (講談社文庫)灰色の北壁 (講談社文庫)
(2008/01/16)
真保 裕一

商品詳細を見る
かな、個人的には。
もちろん、「ホワイトアウト」も。
[小説「アマルフィ」 読了]の続きを読む

アニメ「ヘタリア」 26話 「次の方、どうぞぉ~」

2009年07月18日 17:02

永久保存版、だ。
色んなイギリス(=杉山紀彰さん)が見られるね。

かの国の最終兵器=バズビーズ・チェアも、登場し、今回は全編イギリスのターン。杉山紀彰さんの声もたくさん聞けて、大満足。
しかし、その最終兵器もロシアさんの威力には勝てず、ボロボロに。包帯巻かれて痛々しい姿になってしまった。

飲んで、くだまいて、凹んで、暴れて、かわいいヤツだよ、イギリス。
黙って佇んでいるだけなら、けっこうかっこいいヤツなのに、イギリス。

キャラソン発売まで、あと少しだ。

~壮大な動く挿絵~ 映画「ハリーポッターと謎のプリンス」 感想 

2009年07月16日 12:12

ハリーポッターの映画は「壮大な動く挿絵」だと、いつも思う。
原作をよりわかりやすく楽しむためのツール。
だから、原作を少しでも読んだことがある人には、楽しい映画だ。
内容はとてもわかりやすい。
3時間近くある今度の物語は、
複雑な原作の6割を捨て、2割を採り、それに残りの2割を微妙に絡ませて再構成した感じ。
大雑把にいうと、画面のクオリティーが高いところが見所のひとつで
特に今作でのクィディッチのシーンは圧巻。
少しダークな味付けの背景(風景・建物・一つ一つの小道具、などなど)もよくできていて、キャストの熱演を支えている。
砕け散るガラス、水しぶき、炎、そして、雪景色、どこまでも広がる湿地帯。
どれもとても美しい。
20090725
クローゼットの中に、まだあった。デザインが変わったせいで劇中ではもう最近は誰も着ていないローブ&マフラー。
懐かしい…。
サブキャラ好きな私は、ロンが大好きで、これを買った「秘密の部屋」の頃には洋画系の雑誌を買い漁っていた記憶がある。このローブ、確か、3万円ぐらいしたのだ。懐かしいなあ。

[~壮大な動く挿絵~ 映画「ハリーポッターと謎のプリンス」 感想 ]の続きを読む

早く、秋になればいい。PCゲーム「ジョーカーの国のアリス」

2009年07月15日 02:47

拍手、ありがとうございます。

今、夜中の2時半ですが、明るい木星が、南の空で輝いていますね。
いつもは、湿気のせいでぼんやりしているはずの夏の星空が、こんなにくっきりしていると逆に怖いですね。砂漠みたいで。

PCゲーム「ジョーカーの国のアリス」の発売予定日が決まったようですね。
確か、DSゲーム「ダテに―」も10月末頃発売だったような。
なるべく発売延期は無しで、お願いしたい、収穫の秋?ですね。

ゲームDS「ダテにガメついワケじゃねェ!」公式サイトオープン

2009年07月13日 19:38

セリフが少ないとか、なかなか他のエンディングが見られなくてつまらないとか言いながら、
まだ続けている、「アニーのアトリエ ~セラ島の錬金術士~(通常版)」
理由はひとつだけ。ハンスの声が好きだから。
杉山紀彰さん優しい感じの声、のどにあまり力を入れていない声が、好きだから、ついついハンスに話しかける日々。
RPGの楽しみ方としては、間違っているような。

また、ひとつ、そんなことになりそうな予感のゲームの公式サイトが、今日、オープン。
DS「ダテにガメついワケじゃねェ!」
"ダンジョンメイクRPG"って、どんなジャンルなのか全然わからないけど、
優しそうで、誰かを大切に思っているという設定に、迷わず予約してしまいそうだ。
ドラマCDにも当然杉山紀彰さんの名前有り。
(近々発売される「アイテムゲッター」の方は、出演声優さんのコメントが発表されたのに、杉山さんのコメントが無く、とても残念。今度のゲームは大丈夫かな?ドラマCDにも出番が多いといいなあ。)
できれば、あんまりキャラクターが増えませんように。

やっぱり、出演されるからには「主要」であることが、重要なのだ。…たぶん。


東京アナウンス学院・オープンキャンパス

2009年07月12日 17:30

7月19日、東京アナウンス学院の「体験入学」の講師(?トークショーとのことですが)として
杉山紀彰さんが来校されるそうです。
東京アナウンス学院のサイト内のニュースのところにありました。
そう言えば、アニメ雑誌にも載っていました。

オープン・キャンパスのシーズンかぁ…。
学生さん達、夏休みなのですね。うらやましい。
杉山さんのお話を聴けるのも、うらやましいですね。

戦国武将が、いっぱい。

2009年07月12日 16:20

拍手・コメント、ありがとうございます。
(リンクのところに、杉山紀彰さん関連のもの一部ですが、挙げてみました。
このやり方が正しいのかどうかわかりませんが、まとめてみた方が便利か、と)

ただでさえ、暑いのに、こんな熱い本を見つけました。
戦国“漢(おとこ)”絵巻戦国“漢(おとこ)”絵巻
(2009/06)
学研

商品詳細を見る


表紙は、独眼竜。
史実重視と言うよりは、史実の面白さ重視。主に「歴史群像シリーズ」を参考に各武将について、よくまとめられています。
内容は、完全に女の子向けで、たぶん、最近のブームに載って出されたのか、と。
画が、なかなか個性的で楽しいし、ちょっと調べたいことがある時に役に立っています。
[戦国武将が、いっぱい。]の続きを読む

アニメ「ヘタリア」 25話  ~それでも食べたいフィッシュ&チップス~

2009年07月12日 01:48

若き日のイギリス(杉山紀彰さん)の
優しい口調が、たまりません。

なにやら怪しげなフィッシュ&チップスを楽しげに口に運ぶ幼いアメリカ(声、誰でしょう?)に、本当に美味しいのかと訊かれ、うろたえるイギリス。
尽くしても、結局は報われなかった苦労人イギリスのこれからの展開が見えてしまう。

ちょっと、数えてみたら、「アメリカの倉庫掃除」って、一枚のDVDに入らずに分かれてしまうかも?
アニメ「ヘタリア」も商売上手になっちゃったのだとしたら、残念。

降っても、照っても。

2009年07月12日 00:35

空が好きなので、夜も昼も空ばかり見ている。暑くても寒くても、晴れても降っても、けっこう楽しい。
だから、イベントのようにやってくる日食や月食も、大好きだ。
今年は、”部分”と言いながらも太陽が半分以上かくれる日食が、7月22日にある。
晴れるといいね。
日本気象協会ホームページ・日食情報
ここには、晴天率も書き添えられていて、面白い。
晴れる確率、案外低いのね。

でも、うす曇りくらいなら、外に居て、弱くなる太陽の光を肌で感じたいなあ。


方向転換??アニメ雑誌

2009年07月11日 01:36

杉山紀彰さんの情報を集めるのに、役立ちそうで役立たないもの・アニメ雑誌。
6月の「黒執事」のイベントのことが、小さく載ってたり(「アニメージュ8月号」)
「NARUTO」のサスケのことが取り上げられていたり(「アニメディア8月号」)
しかし、”杉山紀彰”という名前が見当たらないのが少し残念。

結局、これからの放送スケジュールをチェックできるように「Newtype (ニュータイプ) 2009年 08月号」 [雑誌]を買って帰った。7月14日の「BLEACH」に石田雨竜が出そうだ、よかった。(また話さないかも知れないけれど、居ないのは淋しいので。)
「NARUTO」のほうも、サスケの出る回がありそうでよかった。(でも、CASTの欄に杉山さんの名前が無い…、今まで何年も出てなかったからしかたないのかな?ちょっと、淋しいね)

「けいおん」のヒットとハルヒの新エピソード登場で、アニメ雑誌の紙面はなんとなく男の子寄り。
週刊ジャンプの新連載も、完全に懐かしい感じの”男子向け”な作品のようだし、もともと、アニメ文化を支えてた男子をもう一度引き寄せようという作戦なのかな。

それとも、アニメや漫画を少年向け少女向けっていう風にわける考え方が古いのか。
付録のフィギュア、要らないんだけど、どうしよう。

アニメ「ヘタリア」 人気投票 実施中

2009年07月09日 12:44

モバイルアニメイト内にある「ヘタリア・ドットコム モバイル」で、
人気投票開催中。
キャラクターとエピソードの2つの部門で、8月6日17時まで受付中。

投票は会員のみだけど、会員じゃなくても投票の中間発表が見れるので覗いてみたら、
今の段階では、イギリス(杉山紀彰さん)と日本(高橋広樹さん)が得票率21%で並んでいた。
と言うことは、イギリス、1位なの?
すごいね、イギリス。よかった、よかった。
そんなモバイル展開はこちらから、他にもモバイルいろいろ。

人気投票は、一日一回だそうだ。
一日?
と言う事は、マメなファンが多いキャラが有利って事かな?

イタリア(浪川大輔さん)やドイツ(安元洋貴さん)のファンの人にも頑張って欲しい。

(なんて、まるで他人事な感じなのは、モバイルアニメイトに入る資金が無いからです。
315円…、安いような高いような。執事との恋をあきらめたら払えるのですが…。

明け方、雨になりました。

2009年07月08日 05:07

拍手、ありがとうございます。
ゴスペラーズのライブの記事も読んでいただけたようで、嬉しいです。15周年、秋冬のほうも参加したいと思っています。
昨日は、七夕でしたね。帰宅時刻が遅かったので、お惣菜コーナーで適当にそれらしいものを買い、並べてみたら、こんな感じ。
20090707
ダメな感じです。蛍光灯の下で撮ったので、余計にシブくなってしまって、おばあちゃんの家の夕飯みたい。
七夕、全然関係ないし…。

そして、今日は、明け方から雨で、
なんとなく、朝からボリス(杉山紀彰さん)の歌を聴いています。
「寄り道は長く」   なんだか、落ち着く。
[明け方、雨になりました。]の続きを読む

雨竜の雨宿り。

2009年07月06日 22:13

アニメの「NARUTO・疾風伝」を見始めて、自分が、何にも知らないことに気付く。遅いけど。
そこで、慌てて本屋に走り、漫画を買った。一応、43巻と44巻。
レジで会計を済ますと、「この中から、選んでください」と、店員さん。
言われるままに、銀色の小さい袋を二つ、もらってきた。なかは、ナルトとサスケの缶バッジ。
20090706

これ、いい大人がもらっても良かったのかな?でも、うれしい。がんばって、読むぞ。

それと、「週刊少年ジャンプ・7月20日号」も、買った。雨竜が…、センターカラーの雨竜が素敵。
その目線の先に、何があるの?誰か、いるの?水彩っぽい(これも、コピックなのかなぁ)色合いが似合う。寒色系の似合う人だ。
そして、洋書を挟む美しい手。台本を持っている時の杉山紀彰さんが、だぶる。
これからのオリジナルな話にも、あまり出ないんだろうな。
こちらも気長に雨宿り。

「コードギアス」に続編はあるの?!

2009年07月06日 21:08

拍手・コメント、ありがとうございます。
きれいな月が、出てますね。
久しぶりに「コードギアス」の本です。
コードギアスアーカイブス2006~2008inANIMAGE (ロマンアルバム)コードギアスアーカイブス2006~2008inANIMAGE (ロマンアルバム)
(2009/06)
不明

商品詳細を見る


記事は全て再録のようです。写真は無し。
杉山紀彰さんは、福山潤さんと一緒に、ラジオ「反逆の山々 DX」について語っています。懐かしい。
[「コードギアス」に続編はあるの?!]の続きを読む

本気の読書   水城せとな作「俎上の鯉は二度跳ねる」

2009年07月05日 17:33

「窮鼠はチーズの夢を見る 」(フラワーコミックスアルファ)

夕べ遅くに本屋へでかけ、タイトルだけ見て、買ってきた。
経験から言って、タイトルだけで本を選ぶと八割は失敗する。
でも、この漫画は、よかった。
本気で読んで、気持ちよく疲れた。

そして、今朝10時、同じ本屋へ。
開店と同時に店に入り、続きを購入。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)「俎上の鯉は二度跳ねる」 (フラワーコミックスアルファ)
(2009/05/08)
水城 せとな

商品詳細を見る


なりふりかまわず、喰らいつきたくなる物語。
「BLは、生理的にダメ!絶対無理!」という人にだって、無理矢理読ませたくなる物語だ。
(話の影響をまともに受けて、発言がちょっと、微妙に…。すみません)


[本気の読書   水城せとな作「俎上の鯉は二度跳ねる」]の続きを読む

アニメ「ヘタリア」 24話~によによ~

2009年07月05日 15:31

もう、24話?あれっ?23話を見忘れたような…。

スイス(朴ろみさん)とリヒテンシュタイン(釘宮理恵さん)、この二人を見ていると落ち着かない。
なんか、この仲睦まじい感じが、こそばゆい。
[アニメ「ヘタリア」 24話~によによ~]の続きを読む

なんか、かわいい。優しいたべもの。

2009年07月04日 08:34

優しい色。一応、朝食。
20090704
うーちゃんのおじいちゃんからの差し入れ、山形のさくらんぼ。
なんか、かわいい。
(私の選んだ器のセンスは”壊滅的”ですが。)

後ろのビンは、はちみつ。
”FORTNUM & MAISON”の「イングリッシュボーリッジ」
今の一番のお気に入り。
食べると、最初に強めな香りと甘さがきて、すぐにすっきりした後味になる、不思議な感じ。
杉山さんの声のようだね。
なんて、無理やり、話をそっちに持っていく悪い癖。



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。